私はアナログ時代に写真家として生まれました。
写真を印刷するか、少なくとも写真を具体化するために開発する必要がありましたが、
デジタルの耳でも、一部の写真はデジタル形式で保存するだけでなく、
印刷する必要があると確信しています。 ハードディスクや携帯電話でも。
そのため、写真展を始めました。 私の展覧会では、
ファインアート紙に限定版のプリントで作品を販売しています。
私のショーの1つで私を訪ねてきたら、展示されている写真について話しながらお茶を飲みます。

I was born as a photographer in the analog era, when photos had to be printed,
or at least developed to make them tangible, but I am convinced that even in the digital ear they must be printed,
not only kept in digital form on some hard disk or even in a mobile phone.
For this reason I started doing photographic exhibitions.
In my exhibitions I offer my work for sale in limited edition prints on fine art paper.
If you come and visit me during one of my shows,
we will have a cup of tea, talking about the photographs on display.
Ariana kilim
Aoki
Back to Top